あなたのWEB活動や本業、お仕事、副業などを無料掲載で紹介しています。ずっと無料ポータルサイト

LINEスタンプで稼ぐには?

北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島 群馬 栃木 埼玉 茨木 東京 千葉 神奈川 新潟 長野 山梨 静岡 富山 岐阜 愛知 石川 福井 滋賀 三重 京都 奈良 兵庫 大阪 和歌山 鳥取 岡山 島根 広島 山口 香川 徳島 愛媛 高知 大分 宮崎 福岡 熊本 佐賀 長崎 鹿児島 沖縄

LINEスタンプの副業評価

LINEスタンプとは?

LINEスタンプとはコミュニケーションアプリ「LINE」でやりとりする時に使われるイラストのことです。LINEクリエイターズスタンプでは、自作したLINEスタンプを誰でも自由に販売することができます。

LINEスタンプを販売するためには、LINE Creators Market にユーザー登録し、制作したスタンプ(1セット42個のイラスト)をアップロードし、審査に提出します。審査基準は、写真素材の使用禁止や画像拡張子の指定、イラストの内容に至るまで細かく規定されているため、制作の際には細心の注意が必要です。

・LINEスタンプの収益分配率は一律売上の35%

LINEクリエイターズマーケットの収益分配率は35%です。スタンプ1セットの価格は120円なので1セットあたりの収益は42円で、ここから源泉徴収が差し引かれた金額がクリエイターの儲けとなります。

・LINEスタンプはもう既に儲からない?

2014年5月から販売開始したLINEクリエイターズスタンプは、当初破格の報酬が得られる副業としてニュースでも大きく取り上げられました。実際、2015年5月の段階でスタンプ別の販売金額上位10位の平均販売額は約5,050万円にも登り、複数の人気スタンプを販売したクリエイターは販売金額が1億円を超える事態にもなっています。

しかしながら、スタート当時は400種しかなかったLINEクリエイターズスタンプも、現在では約70,000もの種類が販売されており、スタンプの検索機能も万全ではないため、発売を開始しても他のスタンプに埋もれて人の目に止まらず、売れにくい状況です。

LINEのサイト
LINE Creators Market 公式サイト

LINEスタンプのメリット・デメリット

LINEスタンプのメリット

  • イラストが描ければ在宅で対応可
  • 自分好みのスタンプを作れる
  • LINEスタンプのデメリット

  • 制作物に対する審査のハードルが高い
  • 混雑時は審査に時間がかかる
  • 市場が飽和しており、儲けを出しづらい
  • 北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島 群馬 栃木 埼玉 茨木 東京 千葉 神奈川 新潟 長野 山梨 静岡 富山 岐阜 愛知 石川 福井 滋賀 三重 京都 奈良 兵庫 大阪 和歌山 鳥取 岡山 島根 広島 山口 香川 徳島 愛媛 高知 大分 宮崎 福岡 熊本 佐賀 長崎 鹿児島 沖縄
    WEB活動をしている個人や会社を検索

    ※地図から検索が思うようにいかない時にm(__)m

    地域で探す
    業種で探す
    スキルで探す